脱毛剛毛の場合


脱毛をする際、剛毛の人の場合は、何度脱毛しても、すぐに脱毛しなければなりません。

つまり、普通の人よりも手間がかかることになります。

剛毛の人は、電気脱毛器や、脱毛テープ、脱色などの脱毛法では、中々、上手く脱毛できません。

やはり、剛毛の人の場合は、エステで本格的に脱毛する必要があります。

エステを利用すれば、剛毛であってもキレイになれます。

エステは照射範囲が広いので、多くの毛を処理することができ、剛毛であっても問題はありません。

もちろん、普通の毛量の人よりも、長く時間がかかるのは言うまでもありません。

普通の人が30分かかるなら、その倍はかかると思っておいた方がいいでしょう。

ただ、毛が生える仕組みは同じなので、それほど卑下することはありません。

毛根が太いので、抜けにくいだけです。今は、エステの技術が進歩しているので、毛根が深くて太くても大丈夫です。

毛が太くて濃い人の方がむしろ光の吸収がしやすいので脱毛効果が出やすいのです。

ただ、剛毛の人は、最初の数回は多少痛みを感じることがあるので、我慢しなければなりません。

もちろん、それは最初だけで、毛が薄くなってくるに従い、痛みはなくなってきます。

育毛におけるイソフラボンの効果と食材

育毛に良いとされる食材には、大豆食品や発酵食品、シャケに発毛効果があると言われています。

育毛に良いとされる食材の、どの栄養素が育毛に効くのかと言うとイソフラボンとカプサイシンが育毛に効果を発揮してくれます。

イソフラボンとカプサイシンは併用して摂取することで、さらに育毛効果が得られるという研究結果が出ています。

イソフラボンとカプサイシンを両方摂取すると育毛促進になるという理由は、血行の改善が行われるためだと言われています。

ある大学の研究グループでは、薄毛に悩む男女50人を対象にイソフラボンとカプサイシンのサプリメントを3ヶ月間服用してもらい
育毛効果がどの程度あるのか、実験を行っています。

その結果薄毛の男性の80%と女性の30%に発毛、あるいは増毛が見られたとの研究結果が確認されています。

イソフラボンとカプサイシンが組み合わさることで、毛母細胞が分化します。

それにより増殖に必要なIGF-I(インスリン様成長因子)

が増えるため、増毛と発毛が行われた、との見解が示されています。

さらに他の研究機関でもイソフラボンとカプサイシンを組み合わせて体内に摂取する発毛実験が行われましたが、同じように発毛効果が
現れたと言う研究結果が発表されています。